09月≪ 2019年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2019.08.28 (Wed)

ディリリとパリの時間旅行

ディリリとパリの時間旅行

もともと夕方から都内で予定があったので、
その前に恵比寿まで足を伸ばして映画を観てきました。
ここ数年、映画は機内上映オンリーだったので、
映画館自体がとっても久しぶり^^;。

観たのは『ディリリとパリの時間旅行』(原題 Dilili à Paris)です。
吹替版もあるようですが、観たのはもちろん字幕版の方です。
フランス語も結構聴き取れたし(^_^)v、映画もとっても楽しめました。
主人公ディリリが、とにかく愛くるしいです。
日本のアニメやディズニーとは違う路線ですが、
大人が観ても楽しめるアニメ映画でした。オススメです♪
22:05  |  映画  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.10.13 (Fri)

パッション・フラメンコ

Passion Flamenco

フラメンコ界の大スター、サラ・バラスに密着したドキュメンタリー映画。
つい最近まで、この映画の存在自体を知らなかったのですが^^;、
8月にはル・シネマでも上映していたんですね。
先週レッスンに復帰した初日に、この映画をレッスン仲間に薦められ、
ちょうど近所の映画館で上映中だったので、今日行ってきました。

以前に渋谷で観た「ジプシー・フラメンコ」とは違って^^;、
眠くなるような箇所は一瞬もなくて、本当に面白かったです。
これだけのスターになると、良くも悪くもビジネス的なのかと思ったら、
舞台にかける情熱も集中力も凄くて、ビックリしました。
人間的にも、こんなに魅力的な人だったんですね〜。
彼女の生き方、考え方が伝わってくる、いい映画でした!
見逃さなくて良かったです♪  (公式サイト
18:31  |  映画  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.06.11 (Sat)

64-ロクヨン

64-ロクヨン

本日後編が公開の『64-ロクヨン』ですが、
最寄りの映画館で前編・後編が両方上映中と知り、
夫と二人で観に行くことにしました。
一日に二本はキツイかなぁ…と思いつつも、
一気に観たほうがより楽しめるはず、という点で意見が一致。
前編が終わって約30分後には後編でした(^^ゞ。

感想は、「面白かった」の一言に尽きます。
ミステリー作品なので、内容に関してあれこれ書くのは控えますが、
前編での色々な伏線が、後編で順々に回収されて、
ホント、二本立て続けに観て大正解でした。
二本分で結構長時間に渡る鑑賞でしたが、
眠くなったりする箇所なんて皆無。
ずっと集中して観ることができました。

映画館に足を運ぶのは、本当に久しぶりでしたが、
今日は映画を満喫しました。
たまには、こういう週末も良いですね♪(^^ゞ
23:59  |  映画  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016.04.23 (Sat)

イニシエーション・ラブ

Initiation Love

この映画を初めて観たのは、昨年11月。
羽田発ハノイ行きでの機内上映ででした。
単なる暇つぶし感覚で観たはずが、
予想以上に面白くて、帰国後に何人かに薦めたほど(^^ゞ。
最後にどんでん返しがあるらしいことは、なんとなく知っていましたが、
予想したうえで観ていたのに、それでも見事にやられました(^^ゞ。
ホント、面白かったです。

映画の宣伝文句にもあるように、本当に2回観たくなる作品です。
帰国後しばらくした頃に、ちょうどDVDが出たので、
夫にレンタルで借りてきてほしいと何度か伝えていたんですが、
なんとなく聞き流されてしまいました(-_-;)。

原作小説の方にも興味が湧いて調べてみると、
ずっと「映像化は不可能」と言われていた人気小説とのこと。
映画のあの驚きが、原作ではどうなっているのか知りたくて、
早速図書館に予約を入れましたが、その時点で凄い待ち人数でした。
その予約のこと、すっかり忘れていたんですけど(^^;、
4月初めにようやく順番が回ってきました。

イニシエーションラブ

ストーリーを知ったうえで読んでも、楽しめました。
私の場合は、映画を先に観てしまっているので、
原作を読みながら、そのシーンを思い出す感じでしたけどね(^^;。
小説しか読んでいなければ、確かに映像化は不可能って思っただろうなぁ。
乾くるみさん、こんな作品を書くなんて発想力がすごいです。
是非、ほかの作品も読んでみたい!
(ってことで、実は今、読んでます(^^ゞ)


そして、原作本をちょうど読み終えた頃に、
たまたま夫がTSUTAYAに何かのDVDを借りに行くというので、
やっぱり映画バージョンをもう一度観てみたい、と借りてきてもらいました。
というわけで、ようやく先日、二回目を観ることが出来ました。
二回目の鑑賞で、おまけに原作を読んだ直後なのに、
それでも十分楽しめました。
もちろん、一回目とは違う見方にはなるんですけどね(^^ゞ。

アイドル上がりの某女優に対する偏見のせいで(^^ゞ、
全く乗り気じゃなかった夫も、しぶしぶ一緒に鑑賞。
でも観終えてから、「いやぁ~、面白かったぁ!」と何度も言ってました。
この映画、観たものどうしで色々と話したくなる映画なんです。
11月からずっと、誰かと感想を言い合いたかったのが、
ようやく実現してスッキリしました(笑)

小説も面白いですけど、もしもどちらか一つだけなら、
私は個人的には、映画バージョンをおススメします。
(次々に流れる懐かしい歌謡曲も、魅力です♪)
事前情報がありすぎると全く楽しめない可能性があるので、
詳細は一切書けませんが(^^ゞ、面白いです。
是非、観てみてください。
15:16  |  映画  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2015.03.14 (Sat)

イタリア映画祭 公式サイト

イタリア映画祭2015

ふと思い出して検索してみたら、
もう公式サイトがオープンしてました。→こちら

GW期間中もフラメンコレッスンはあるし、
29・30日は仕事も通常どおり。
1日からは2泊3日で関西方面に行く予定なので、
今年の映画祭、行けるとすれば4日くらいだけど、
どうしようかな~。
自宅で終日のんびりする日も、一日くらいは欲しいし(^^ゞ。
10:39  |  映画  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.08.14 (Thu)

ジプシー・フラメンコ

ジプシーフラメンコ Bajari: Gypsy Barcelona

仕事の後、渋谷で『ジプシー・フラメンコ』を観ました。
初めの何分かは、淡々とした日常描写が多くて
思わずウトウトしてしまいましたが^^;、
カンテとか、サパテアードの音が次々に出始めたら、
あっという間に引き込まれました。

フアニートっていう5歳の男の子が、
目を輝かせながらフラメンコに見入る様子や、
彼本人の踊るフラメンコがとっても良かったです♪
22:46  |  映画  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.05.03 (Sat)

イタリア映画祭 2014

ようこそ、大統領!

イタリア映画祭で『ようこそ、大統領!』を観てきました。
気楽に観れそうなコメディ映画だったことと、
主演がクラウディオ・ビジオということで、この一本に決めました。

笑いのネタが、ちょっと悪乗りし過ぎな感じはありましたが(^^ゞ、
それでもトータルでは、とても楽しめました。
久しぶりにたっぷり聞いたイタリア語が、耳に心地よかったです。

これまでの映画祭では、開催期間の前半に行くことが多かったのですが、
今年は諸々のスケジュールの都合で後半になってしまいました。
そのせいかどうかは分かりませんが、昔教わったイタリア人の先生にも、
友人・知人にも全く会場で会いませんでした。
なので、残念ながらあまり映画祭に行った気がしません。
来年は、前半に観に行こう!と既に思っています(^^ゞ。

テーマ : 映画 - ジャンル : 映画

22:43  |  映画  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.03.16 (Sun)

イタリア映画祭 公式サイト

イタリア映画祭2014

イタリア映画祭の公式サイトがオープンしていました。→こちら
まだGW頃のスケジュールが今ひとつハッキリしませんが、
どうにか調整して、1日だけでも行きたいと思っています。
お友達とも、会場で会えるといいな(*^^*)

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

18:35  |  映画  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.03.02 (Sun)

シェフ! ~三つ星レストランの舞台裏へようこそ~

Comme un Chef

久しぶりに自宅でDVD鑑賞。
この映画、劇場公開されていた頃に
ちょっと気になっていたんですよね。

期待通りのコメディで、楽しめました。
ただ残念ながら、フランス語は所々しか聞き取れず…(^^ゞ。
現実的に考えると「完全に」というのは難しいにしても、
字幕に頼りっきりにならなくて済むくらいに
もう少し台詞が理解できるようになると、
数倍フランス映画が楽しめるのになぁ…と思います。

以前にも似たようなことを書いた気もしますが、
フランス語がもっと楽しめるようになるためにも、
映画や小説が原語で鑑賞できるだけの力を付けたいなと改めて思いました。

テーマ : DVDで見た映画 - ジャンル : 映画

21:56  |  映画  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.10.29 (Tue)

危険なプロット

危険なプロット

月の5週目なので、今週はフラメンコのレッスンはお休み。
せっかくの機会なので、仕事の前に渋谷で映画を観ました。
今、この記事を書くにあたって気が付いたんですが、
映画に行くのは、6月11日以来だったんですねぇ~。
随分と遠ざかってました(^^ゞ。

今日観たのは、フランス映画『危険なプロット』です。(公式サイト
フランソワ・オゾン監督の作品は、過去にいくつか見ていますが、
楽しめたものと苦手だったものと両方あるので、
さて今回はどうかなぁ~、という感じで出かけました(^^ゞ。

ある高校生の書いた作文をなぞる形で物語の大半が進んでいくんですが、
映画を観ていて途中から、どこまでが現実で、どこからが創作なのか
思いっきり混乱してきて、思い返すとあれこれ疑問が湧いてくる感じです。
なんとなく『スイミング・プール』の後味に似ているような…。
妙にモヤモヤ感が残ります(^^ゞ。
でもまぁ楽しめたかな。

私がここ数年で観たフランス映画に、かなりの確率で出演していた
ファブリス・ルキーニとクリスティン・スコット・トーマスが今回は夫婦役でした。
でもこの二人よりも大注目だったのは若手俳優エルンスト・ウンハウアー。
今回初めて観ましたが、今後がとっても楽しみです♪
(6月のフランス映画祭では、オゾン監督と共にゲスト来日してたんですね)

テーマ : 映画 - ジャンル : 映画

23:24  |  映画  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT >>