2014'07.21 (Mon)

サマーコース

今日から夏期講習が始まりました。
3週間たっぷり充電したので、
これから6週間しっかり働かなければ…(^^ゞ。

この期間中フラメンコの通常レッスンはお休みです。
が、去年の夏も同じスケジュールで、
あれだけ自主練をする時間が確保できていたので、
今年もしっかり自主練は続けたいと思います。
う~ん、今年の夏もあっという間に終わりそう(^^ゞ。
体調管理に気をつけて、6週間頑張ります!
21:53  |  日記  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2014'07.16 (Wed)

DVD

旅行で二週間レッスンをお休みしていたので、
昨日は久しぶりのフラメンコでした。
ちょうど私の不在中に発表会のDVDが届いていたようで、
クラスの皆に遅れて、昨日受け取りました。

今週はまだオフ期間中で、時間にゆとりがあるせいもあって、
もらったばかりのDVDを何度も繰り返し観ています(^^ゞ。
ソロのアレグリアスは、目を覆いたくなるような箇所もあるけど(-_-;)、
それでも観る度に、嬉しいような懐かしいような不思議な気分。
後ろで支えてくれていた先生や舞踊団の人たちの表情や様子も
たくさん映っていて、観ながらウルウルしてしまいました。

次にこのアレグリアスを舞台でいつ踊るかは分からないけど、
今回の反省点を今後に活かせるように、
自主練は少しずつでも地道に続けるつもり。
焦らず気長に頑張ります♪
17:15  |  フラメンコ  |  CM(4)  |  EDIT  |  ↑Top

2014'07.11 (Fri)

帰国

お昼すぎに、無事帰国しました。
飛行機を降りるなり、もわっと熱い空気が立ち込めていて、
「うわっ、暑っ!」と思わず独り言が出たほどです(^^ゞ。
リヨンとパリでは、滞在中20℃を下回るような肌寒さだったので、
ようやく夏らしい気候に戻ってきた感じです。

シャルル・ド・ゴール空港では、大変でした。
チェックインカウンターのところに並んでいた時に、
あと数人で順番という時になって、突然思わぬ事態が発生。
近くで持ち主不明の荷物が発見されたとかで、警察が出動してきて、
規制線が張られてしまい、辺りは物々しい雰囲気に。
せっかく並んでいたのに、私たちは強制退避させられてしまいました。
爆発物の可能性も考えて、とにかくずっと遠くへってことだったみたいです。
処理班の作業が終わって安全の確認が取れるまで、1時間くらい待たされました。

そしていざチェックイン手続き再開、となったら一気に人が押し寄せて、
私は、とんでもなく後ろの方に並ぶはめになってしまいました。
本当なら、あと数人待ちだったはずなのに・・(-_-;)
結局、荷物を預けて搭乗券を貰うまでに45分くらい掛かりました。
これだけ全体的にチェックイン開始が遅れたので心配しましたが、
飛行機は定刻通りの出発だったのは、不幸中の幸いです。

帰宅してからは、洗濯とか荷物の片付けとかで忙しいです。
ちょっと心配していたんですが、スーツケース内のワインは無事でした♪
19:17  |  旅行  |  CM(4)  |  EDIT  |  ↑Top

2014'07.10 (Thu)

最終日

10泊12日のフランス一人旅も、いよいよ最終日です。
と言っても、もうあとはチェックアウトして飛行機に乗るだけですが^^;。
空港ホテルに泊まっているので、14時すぎまではホテルでのんびりです。

今日も朝からずっと雨。
昨日はお昼すぎまでは降らずにもっていたので、
そういう意味では、まだラッキーだったのかもしれません。
何の映画だったか忘れましたが、ある女性が「パリは雨の日が一番美しい」
みたいなことを言っていた記憶があるんですけど、
やっぱり私は、快晴の方がいいです^^;。
どうも雨だと気分が上がりません。

次にフランスに来るときには、もう少しフランス語を上達せておきたいです。
もちろん片言でもフランス語が出来てよかった、と思うことも多かったですけど、
想像していた以上に、言葉がよく分からないというのはストレスでした^^;。
やっぱりフランス語は音を捉えるのが難しい。
街なかで、英語はもちろんのこと、イタリア語やスペイン語が聞こえてくると
妙にホッとしました。やっぱりフランス語より遥かに耳に心地良いです^^;。

後もう少ししたらチェックアウトして、空港に向かいます。
またここからが長いんですよね^^;。
行きは何も観なかったんですが、帰りは機内上映でも楽しむつもり♪
13:00  |  旅行  |  CM(2)  |  EDIT  |  ↑Top

2014'07.09 (Wed)

Paris

これまで何度も海外で休暇を過ごしてきて、
その期間中に雨にふられた経験なんて殆どなかったのに、
今回は途中から悪天候続きです(-_-;)。
運に見放されたかのように、今日も朝から曇り空。
午後からは雨でした。

パリ観光は今日一日だけなのに、天気に恵まれず残念でしたが、
とは言え、パリはリヨン以上に近い将来に来る機会があると思うので、
その時に期待します^^;。

RERとメトロを駆使して、主要な観光スポットを回りました。
Arc de Triomphe Cathédrale Notre-Dame de Paris Musee de Louvre
Tour Eiffel Palais Garnier 1 Palais Garnier 2

凱旋門、エッフェル塔、ルーブル美術館には敢えて入らず、次回のお楽しみに。
唯一、内部見学をしてきたのはパレ・ガルニエ、いわゆるオペラ座です。
見応え満点で、写真撮りまくりでした^^;。
次に来る時には、事前に調べて、是非オペラを鑑賞もしたいです♪
20:05  |  旅行  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2014'07.08 (Tue)

Parc de la Tete d'Or

ホテルのすぐ横に公園があって、部屋の窓からも
ちょうど湖周辺が見えます。
チェックインした日は、ちょうど日曜日だったし、
夕方過ぎまでは快晴だったので、
ボートに乗っている人たちの様子なんかも見えてました。

今朝は雲が多いながらも、一応時々日差しも出るくらい、
昨日よりは遥かに良い天気です^^;。
遅めの朝食を取った後で、その公園に散歩に行ってきました。

Parc de la Tet d'Or 1

手入れが行き届いて、とっても素敵な公園です。
地元の人たちの憩いの場なんでしょうね。

Parc de la Tet d'Or 2

この写真だけでは伝わらないと思いますが、
至る所に色んな種類の花がいっぱいでした。

部屋に戻って、これを書いていると、
さきほどよりも雲が取れて、晴れ間が広がっています(-_-;)
返す返すも、昨日の悪天候が恨めしい。

あと2時間ほどしたらホテルをチェックアウトして、
14:00発のTGVで、最後の目的地パリに向かいます。
いよいよ旅も終盤です。
11:05  |  旅行  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2014'07.07 (Mon)

Lyon

本当に残念なことに、今日は朝からずっと雨。
おまけに昨日にくらべて気温が大幅に下がって、寒いくらいです。
ネットで調べた限り、昨日の最高気温と比べて12,3℃低いみたい。
明日の午後にはリヨンを離れるので、市内観光は今日だけなんですが、
あまり観光気分も上がらず、早々に部屋に戻ってきました^^;。

リヨンの街並みを一望するフルヴィエールの丘にも、
一応、朝一番に行きました。
晴れていてれば、全然印象は違ったでしょうに。
やっぱりこんな天気では魅力も半減です^^;。
Fourvière

お昼前に雨が結構ひどくなったので、
雨宿りも兼ねてリヨン美術館(Musee des Beaux-Arts)で時間を潰して、
その後、近くのブションにランチに行きました。
開店間もない時間だったので、予約なしでも大丈夫でしたが、
後から次々に人が来て、あっという間にいっぱいに。
とっても活気があって、美味しくていいお店でした。
悪天候のせいで観光はいまひとつでしたが、
「美食の街」といわれるリヨンを実感できて満足です♪

食事を終えて、ホテルに戻る前に、
ここに立ち寄ってみました。
Mur peint des Canuts 1

写真をクリックして拡大して確認してみてください。
これ、壁一面が全部絵なんです。
あまりに大きくてビックリしました。

天気が良ければ、他にも行きたいところはあったんですが、
すっかり体も冷えてしまったので、さっさと部屋に戻りました。
今回の部屋は、バスタブとシャワーブースが別々なので、
ゆっくりお風呂で温まれて良かったです^^;

それにしても、昨日私が到着した時くらい天気も良くて暑かったら、
一日観光も、もっと充実したものだったのになぁ…と思わずにはいられません。
とは言え、リヨンは元々「夫と二人で来る時のための下見」感覚だったので^^;、
今回残念だった分は、次回(何年後かなぁ…)に期待することにします。
17:45  |  旅行  |  CM(2)  |  EDIT  |  ↑Top

2014'07.06 (Sun)

TGVでリヨン到着

今日はストラスブールからリヨンへ移動です。
朝が慌ただしいのは嫌だったので、
敢えてストラスブール11:05発のTGVにしました^^;。

ストラスブールの駅です。
Gare de Strasbourg 1

ナンシーに行った日に最初に見た時は、
随分近代的な駅だな・・と思ったのですが、
一歩中に入ると印象は随分違います^^;。

Gare de Strasbourg 2

歴史のありそうな駅舎を、そのまま保護しているような・・。
なかなか面白い趣向ですよね。

リヨンまで約4時間半と結構長かったので、一等車にしました。
座席の横幅も広くて快適(^^)v
車窓の外には絵に描いたような田園風景広がっていて、
鉄道の移動もいいな、と思いました。
一面のヒマワリ畑も見ることができて大感激♪

リヨン駅に降り立って、人の多さにビックリ。
やっぱりフランス第二の都市というだけあって、
ストラスブールよりも忙しい感じです^^;。
Gare de Lyon - Part Dieu

リヨンに到着した時には快晴だったんですが、
チェックインした後でホテル周辺を散策しているうちに
急に雲行きが怪しくなってきました。
明日の朝には回復していますように。
20:45  |  旅行  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2014'07.05 (Sat)

Illuminations de la cathédrale

ストラスブールで毎年夏に行われている
大聖堂のイルミネーション、今年は今日が初日でした。
偶然、滞在最終日と重なって超ラッキーです♪
心配していたお天気も、夜にはすっかり回復。
時間が遅いので、帰りがちょっと心配でしたが、
一大イベントの後なので、人も多くて全然大丈夫でした。

最近あちこちで行われているプロジェクションマッピングで、
予想以上に大掛かりなショーでした。
15分近くずっと見上げていたので、首が疲れました^^;。
(残念ながら写真はあまりキレイに撮れず)

6泊のストラスブール滞在を終えて、
明日はTGVでリヨンに移動します。
23:51  |  旅行  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2014'07.05 (Sat)

Cave Historique des Hospices de Strasbourg

今日は、ストラスブール泊の最終日。
もともとの漠然とした予定では、昨日か今日のどちらかで、
コルマールに列車で行くつもりだったんです。
でも、アルザス特有の木骨組みの建物は既に充分見たこともあって、
コルマールは無理に行かなくてもいいかな・・と思えてきました^^;。
連日たっぷり観光っていうのも、疲れますしね…。
それで昨日は、ちょっと博物館に行ったり、郊外の欧州議会を
見に行った以外は、ホテルでのんびりしてました。

昨晩寝る前に、最終日をどう過ごすか悩みました。
まぁコルマールっていう選択肢もまだあったんですが、
ガイドブックを見ても、既に見たような町並みばかりで
やはりどうも気が乗りません^^;。
かと言って、ストラスブールの観光スポットも
もう殆ど行ったしなぁ・・などと思っていました。

何の気なしに、初日にOffice de Tourismeでもらっていた
ストラスブールの観光情報を見ていたら、その中に
Cave Historique des Hospices de Strasbourg」なるものが。
市民病院の敷地内にある、1395年創設のワインセラーとのこと。
俄然興味を惹かれて、最終日はここに行くことに決めました^^;。

トラムを降りて、向かったのは市民病院です。
Cave historique 1

敷地が広いので、この門を抜けた後がちょっと大変でした。
案内図を見ても、それぞれの病棟とか事務所の位置ばかり。
不安になりながら歩いていると、「Cave Historique」の矢印が
本当に時々現れるという感じでした。
そこまで大勢が来る場所ではないんでしょうけど^^;、
もう少し親切な方向表示をしてほしいです。

うっかりすると見落としそうな場所です。
建設資材と車の背後にある階段が入り口。
Cave historique 2

この階段を降りてようやく、目的地についたと確信できました。
それにしても、入り口が分かりづらい・・・^^;。
Cave historique 3

入るとすぐに、ショップでした。
一瞬焦りましたが^^;、店の奥に進んでみるとワインセラーが。
Cave historique 4

病院の地下とは思えないですよね。
ずらっと並んだ樽には驚きました。
Cave historique 5

一番奥には、1427年のワイン樽も。
「樽に保存されたワインとしては世界最古」と
説明書きが近くにありました。
Cave historique 6

昨晩に偶然存在を知って来た場所でしたが、本当に面白かったです。
見学無料では申し訳ないくらいですが、
やはり市民病院だからなんでしょうね^^;。

アルザスワイン街道の30箇所以上の醸造所と契約して、
そこから仕入れたものをショップで販売しているみたいです。
値段も一般価格よりもリーズナブルに思えたし、
それに何より、このラベルが珍しくて、どうしても欲しくなりました。
Cave historique 7

海外旅行では、瓶入りの液体は絶対に買わない主義なんですけど、
今回は、それを曲げて一本だけ購入。
先日のワインテイスティング以来、すっかり気にってしまった
ゲヴェルツトラミネールのグラン・クリュです♪


今日は、朝から雨が降ったり止んだりの
あいにくのお天気でしたが、
地下のワインセラー見学や買い物などで
有意義に過ごせました。

もしお天気が回復していれば、
夜にまた外出の予定。
それまであと数時間、部屋でのんびりします。
17:50  |  旅行  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2014'07.04 (Fri)

Parlement européenn

ここに来るまで知らなかったんですが^^;、ストラスブールには
欧州評議会、欧州議会、欧州人権委員会の本部が置かれていて、
capitale européenneと呼ばれています。

市内観光の初日に乗った遊覧船で、
郊外にその建物があることを知ったので、
今日改めて行ってみました。

Parlement Europeen 1

これは欧州議会の建物。
関係者でなくても敷地内に入ることが出来たので、
ちょっとだけ中の様子も写真に撮ってきました。

Parlement Europeen 2

私のガイドブックでは紹介すらしていません。
まぁ基本的にヨーロッパの人にしか関係ない機関ですから、
日本人観光客でわざわざ訪れる人は、殆どいないでしょうけど・・^^;。
23:56  |  旅行  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2014'07.03 (Thu)

route des vins d'Alsace

日本を出発する前から、リクヴィル(Riquewihr)には行きたいと思っていました。
フランスの最も美しい村(Les plus beaux villages de France)の一つでもあり、
「ブドウ畑の真珠(La Perle du Vignoble)」と呼ばれている点にも惹かれました。

ガイドブックには、ストラスブールからTERとバスを乗り継いで
行くことが出来るとあったので、あまり深く考えていなかったんです。
でも実際に、昨日の朝になってネットで時刻表を調べてみると、
予想外にバスの本数が少なく、自力で行くことに不安を感じました(^^ゞ。
それで、ナンシーに向けてホテルを出る前に、
現地のツアー会社に問い合わせのメールを出しておいたんです。

ホテルに戻ると、「明日なら午後ツアーに一人だけ空きがある」との返事。
問い合わせた時にはダメ元でしたが、超ラッキーなことに、
昨日の今日でツアーに申し込むことができたのでした。

このツアー、参加して本当に良かったです♪
単にお目当てのリクヴィルに行くというだけでなく、
ルート途中の村にも幾つか立ち寄りながら
アルザスのワイン街道巡りまで出来ましたから。
一面ブドウ畑の中をずっと走るというのは、
とっても素敵な経験でした。
Route des Vins


ツアーには、醸造所でのワインテイスティングも含まれていました。
dégustation
以下の順に5種類をテイスティング。
・Cremant d'Alsace(スパーリング)
・Riesling
・Riesling (Gran Cru)
・Pinot Gris
・Gewurztraminer

ツアーに含まれているテイスティングなので、
形ばかり一杯程度なのかと思ったら、
次から次へと出てきたのにはビックリでした。
レストランで飲むグラスワインくらい毎回注がれたので、
テイスティングと言いつつ、ほろ酔いでした(^^ゞ。

オー・クニクスブール城(Château du Haut-Koenigsbourg)にも行けました。
Château du Haut-Koenigsbourg
私の持っているガイドブックには小さく載っている程度でしたが、
フランス人には非常に人気の観光地だそうです。
標高755メートルの山頂にあるので、素晴らしい眺望でした。

そしてリクヴィル。
Riquewihr
期待通りの素敵な村でした。
周囲のブドウ畑と併せての魅力が大きいと思います。
「ブドウ畑の真珠」という呼び名も納得。
このツアーに参加して、本当に大正解。
大満足の一日でした。
23:55  |  旅行  |  CM(2)  |  EDIT  |  ↑Top

2014'07.02 (Wed)

Nancy

ストラスブールのあるアルザス地方に隣接する
ロレーヌ地方の街、ナンシーに行ってきました。
ストラスブールからTERで約1時間半の距離です。

私が初めて聴いたフランス語のラジオ講座は、六鹿先生の「ナンシーの4人」。
その時に初めて知った地名です(^^ゞ。
ガイドブックで偶然、そのナンシーがストラスブールから比較的近いことを知り、
「アールヌーボー発祥の街」という点にも興味を覚えたので行ってみることに。

Place Stanislas 1

最大の見どころスタニスラス広場(Place Stanislas)の豪華さには、本当にビックリ。
これと同じような装飾的な鉄の門が広場を囲んで4箇所あり、
また広場内に立っている電灯も同じテイストの金装飾でした。

Place Stanislas 3

広場の一角にあるのが、凱旋門。
強い日差しで、金がさらに輝いて見えました(^^ゞ。
Place Stanislas 2

スタニスラス広場と並んで世界遺産に登録されている
カリエール広場、アリアンス広場にも足を運びましたが、
あの豪華な広場を見たあとでは、他の2つは全く普通に思えました・・(^^ゞ。

22:45  |  旅行  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2014'07.01 (Tue)

Strasbourg

朝からとっても良い天気。
ストラスブールの街歩き、まずはノートルダム大聖堂に向かいました。
近づいてみて、その高さにビックリ。
あまりに大きすぎて、写真に収めるのに一苦労(^^ゞ。

Cathédrale Notre-Dame de Strasbourg 1
下から見上げる形で撮ったので、これでは高さは伝わりませんが(^^ゞ、
ガイドブックには、尖塔の高さが142メートルとあります。
ホテルに戻ってからWikipediaで調べてみると(→こちら
教会としては世界で6番目に高いそうです。

Cathédrale de Notre-Dame de Strasbourg 2
南側から見るとこんな感じ。
展望台にも上がりました。

Batorama
大聖堂のあとは、イル川の遊覧船(Batorama)に乗ることに。
この写真は、出発を待っている時に撮ったものです。
風に吹かれながらの遊覧は、爽快そのもの。
主要観光スポットを大まかに見て回れるので、早い段階で乗って正解でした。

Petite France
ランチを食べたあとは、プティット・フランス(Petite France)へ。
船上から見た時にも、かなり印象的な一帯でしたが、
改めて散策してみても、写真を撮りたくなる建物ばかりでした。
キリがないので、今日は4枚だけにしておきます(^^ゞ。
22:05  |  旅行  |  CM(2)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |